天候が熱間圧延鋼棒の寿命に影響するか?

我々はすべての製品が人生であることを知っています、熱間圧延されたフラットスチールバーの寿命はどれくらいですか? 通常の状況では、最大50年間の熱間圧延フラットスチールバーの寿命が、それはまた、地元の大気汚染の腐食に依存します。 次に、河南省はフラットスチールバーのメーカーを熱間圧延して、どのような要因で製品寿命を分析できるようにします。

熱間圧延フラット鋼棒は、環境の異なる使用では、サービスの寿命は、雰囲気の侵食の程度は地域、日常生活によって異なります、我々は通常、鋼は、その機能は、フープ鉄、ツールや機械部品、エスカレーターなどで広く使用されています。 海の霧と混合された風が塩沈着凝集に起因する蒸発のために雨が少なく、雨でよく洗われない場合、沿岸地域の前提はより不利になります。

どの製品にも耐用年数があり、長時間使用すると摩耗や破れが大きくなり、時間が経つにつれてその使用に影響を与えます。 工業汚染があれば、侵食はさらに大きくなります。 汚染は、燃料ガスの形成、空気中の浮遊粒子、塵や鉄酸化物の析出などの腐食作用を増加させるなどの原因となる可能性があります。 海洋の大気は内陸部の深さまで広がり、島は海からの人気のある風であり、天気が悪いので、熱間圧延されたフラットスチールバーの寿命を考慮して天候と組み合わせる。