スチール格子用フラットスチールバーの断面形状解析

フラットスチールバーは、スチールグレーティングの重要な役割を担うスチール格子の重要な部分です。 具体的には、鋼格子の品質はフラットスチールバーと密接に関係しており、フラットスチールバーの鋼板は主に厚さT = 3.5,8mmの長方形断面鋼であり、特に薄い、両端が比較的厚いタイプI断面フラットスチールバー。

I型断面鋼の幾何学的および機械的特性は、矩形断面よりもはるかに強く、I断面フラットスチールバーの曲げ抵抗は、フラットスチールバー高さH Wx = 0.2-0.203FHであり、フラットスチールバーの曲げ係数の長方形断面:Wx = 0.167FHなので、データからわかるように、I型フラットスチールバーの曲げ長方形のフラットスチールバーよりも容量がはるかに強いです。

しかし、I型セクションの形状のために、かなり限られているので、すべてのフラットスチールバーをI型フラットスチールバーに交換することはできません。 現在使用されているタイプIのフラットスチールバーの使用範囲は、フラットスチールバーの高さHが比較的小さい場合、タイプI断面のフラットクロスヘッドの値が小さすぎて適切ではないという事実によっても制限される熱間圧延用であり、タイプ溶接を埋め込むのには役立たない。 フラットスチールバーHの高さが比較的大きい場合、h / tよりも厚いフラットウエストのI型断面は大きすぎるだけでなく、フラットスチールバーの横方向安定性の欠如を引き起こす。 したがって、現在の鋼の格子製造業界は、フラットスチールバーの長方形のセクションを使用する。