冷間圧延炭素鋼

冷間圧延炭素鋼

冷間圧延炭素鋼は、自動車製造、電気製品、車両、航空、精密機器、缶詰食品などの分野で広く使用されています。

制品の詳細

前書き:

この種の冷間圧延炭素鋼は、熱間圧延コイルを使用し、再結晶温度以下の室温で圧延されます。 原料として炭素含有量が0.0218%〜2.11%の鉄-炭素合金を使用しています。 製造プロセス中に加熱が行われないため、熱間圧延中に頻繁に発生するピットやスケールなどの欠陥がないため、その表面品質は良好で、仕上げは高いです。 さらに、冷間圧延炭素鋼も焼鈍されているため、その機械的特性とプロセス特性は熱間圧延鋼板よりも優れています。

多くの分野、特に家電製品の製造において、徐々に熱延シートに取って代わりました。 それに加えて、耐食性、滑らかな表面、長い耐用年数、高品質、絶妙な技量、そして費用対効果の特性も備えています。 冷間圧延炭素鋼は、自動車製造、電気製品、車両、航空、精密機器、缶詰食品などの分野で広く使用されています。


私たちのサービス:

私たちは、高度な設備とよく訓練された労働者を備えた自社工場を持っています。

商社サービスで工場価格を提供できます。

私たちは生産品質を非常に厳密に管理し、補償や維持を行わず、生産および積み込み中に顧客の検査を行います。

24時間のオンライン応答を保証します。

正式な協力の前に少量注文を受け付けます。

無料サンプルと最新の価格表が評価用に提供されます。

信頼できるサービスとリーズナブルな価格で出荷を手配します。すべての費用は比較できるように明確になります。


引き合い