冷間加工鋼

冷間加工鋼

冷間加工鋼は、自動車製造、電気製品、車両、航空、精密機器、缶詰食品などで広く使用されています。

制品の詳細

前書き:

この種の冷間仕上げ鋼とは、常温での棒鋼の冷間引抜きを指し、棒鋼の降伏点を高めることにより、棒鋼の強度を高め、鋼を節約する目的を達成します。 滑らかなスチールバーを常温で強く引っ張り、特殊なタングステン合金線引きダイス穴を通過させて、スチールバーを薄くし、大きな塑性変形を生じさせ、強度を向上させます。

鉄筋の応力が降伏点を超えると、鉄筋の内部格子が結晶面に沿ってスライドし、結晶格子が歪んで変形し、鉄筋の内部構造が変化するため、性能が向上します。 冷間加工鋼は、自動車製造、電気製品、車両、航空、精密機器、缶詰食品などで広く使用されています。高品質のため、顧客の間で高い評価を得ています。


引き合い